ER BLOG

2016.05.26

出世する人 2

ちょっと好評だったので、調子にのって2を。
 
前項ではどちらかというとスキルや知識といった側面で記載をしました。
ただ、これだけではある一定の組織の長にのぼりつめるのは難しいようです。
もう一つの重要な側面、それを一言でいうとロイヤルティ(loyalty:忠義・忠実・誠実)でしょうか…。
 
会社への忠誠心というと、どうやらマスコミや書物に毒されている僕らは、会社や上司にへりくだりやがって、といった視点で見てしまうことがあります。
何を隠そう若いときは私もそうでした。自分のスキルや経験を如何に高めていくのか、その意識だけが強くあり自己中心的な内向きな思考は、私を周囲から遠ざけたと思いますし、会社やチームに対して何ができるかを考えたことすらなかったと時もあります(今、その大切さを認識し猛省しています。申し訳ありませんでした)。
 
現在、然るべき立場となり組織を俯瞰すると、目標達成はMUSTでその上でチームや組織のために頑張ってくれる若い人たちの姿を見ると、非常に頼もしく思い応援をしたくなります(勘違いしてはならないのは、個人の目標達成をしないで組織やチームに貢献、という矢印はアマチュアの考えで認めていません)。評価は公平・中立にとは思いますが、私だって人間ですから感情が少なからず作用してしまいます。
結果は自責に捉え、組織やチームのために、という貢献意欲。こういった人は上から可愛がられますし、必然的に周囲から応援もあります。
かたや真逆な人は、あいつは上司に気にいられているから、あいつは会社に寄りすぎだから、うちの会社全然ダメだよ、と陰口をたたきます。僕から言わせると、もうこんな奴らは不要で不毛ですね、はっきり言って。
 
すべての会社からヒアリングをしたわけではありませんが、外資系企業もその傾向があるようです。私の肌感覚では、ロイヤリティを注視する姿勢は、日本企業よりもかなりバーは高いと感じています。
外資系企業というと、ドライな人材登用やアセスメントが行われていると思いがちです。勿論その側面はありますが、本当に然るべきポジションを担う方は組織に対するコミットメントやロイヤリティの意識は日本のそれよりもはるかに高く強いのではないでしょうか。
 
ただ、あまりにロイヤリティが強く働いているからといって、会社のために不正を働くことを看過しているわけではありませんし、それは筋違いです。
ロイヤリティという意味には、誠実、という意味があることも忘れないでおきたいですね。